大きくて深さもある新型の「牛乳パックプランター」を作りました!!

大きくて深さもある新型の「牛乳パックプランター」を作りました!!
スポンサーリンク

新型の牛乳パックプランターを作ります

 

 最初に作った牛乳パックプランターは、凄く簡単なのは良かったのですが、牛乳パックの形をそのまま利用したので、開封した方が飛び出した格好になってしまいます。プランターとしてお花を植えて置いてみたときに、見た目も不格好だし、深さもないので改良することにしました。
 
それでは、新型の牛乳パックプランターを作りましょう!!
まずは、開封した方の出っ張りをなくすために、飛び出した部分の四方の辺を切り離し、その4枚をボンドで貼り合わせて綺麗な長方形を作ります。

 
この後、ちょうど真ん中を張り合わせてある面を残して、カッターで切り離します。

 
牛乳パックを2つ折りにして、合わさった面のヘリの部分を1cmほど残して切り取ります。そのヘリの部分をボンドで張り合わせて、接着の補強のために結束バンドで周りをとめます。最後に底の横面に約2cmおきに、排水孔をキリなどで開ければ出来上がりです!!

  

2倍の大型を作ります

 
 ちょっとこの大きさだけでは、物足りませんので、この倍の大きさのものを作りたいと思います。

 開封した方を張り合わせた、牛乳パックを2個用意します。今度は、先ほどとは違って上の面をヘリを1cm位残してカッターで切り取ります。
 

折り返した部分も、ヘリを残して切り取ります。これを2個作って、ヘリの部分をボンドで張り合わせます。
 

この2つを合わせて、ヘリの部分をボンドでしっかり張り合わせます。接着の補強のため、結束バンドで周りをしばって、底の横面に約2cmおきにキリなどで穴をあけて排水孔を作れば出来上がりです。

ほかの方の牛乳パックプランターの作り方のページがありますので、ご紹介いたします。子どもと私が育つ!楽しむ!育児情報誌 mikuさんの子どもと楽しむミニ菜園!をのぞいてみて下さい。

 出来上がりました(笑) 軽くて、角ばってて簡単にできる、新型の牛乳パックプランターです。これで、大きめのお花や、根の深いものも植えることが出来ます。飲み終わった空の牛乳パックさえ有れば、どんどん増やせる牛乳パックプランター作りでした。

この新しく作った牛乳パックプランターにネコヤナギを植えつける私の投稿があります。どうぞご覧ください。

お正月の切り花「ネコヤナギ」を牛乳パックプランターで挿し木しました!
お正月の切り花のネコヤナギから新芽と根が出てきたよ!!へえー、だったら挿し木してみたら!!お正月の切り花「ネコヤナギ」   お正月の切り花で飾っておいたうちの、ネコヤナギ(猫柳)の枝...

 
 最後までお読みいただきましてありがとうございます。

何か、ご質問や、ご指摘とかございましたら、ご一報くださいませ。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました