実はなかなか手に入らない貴重な果実 上品な甘さの山の幸「アケビ」

実はなかなか手に入らない貴重な果物 上品な甘さの山の幸「アケビ」

アケビって果物
食べたことある?

名前は聞いたことあるみたいだけど
食べたことはないと思うワ!!

スポンサーリンク

アケビって何?

 
 「名前は聞いたことがあるけど、どんなものかよく知りません!!」という人も多いかと思います。実は私も名前は知っていたのですが、実際にはどんなものかは知りませんでした。ではいったい、アケビって何なのかを見ていきたいと思います。


 アケビ(木通)は、アケビ科アケビ属つる性落葉低木在来種です。以前は普通に山に行けば、どこにでも見かけるような実をつける植物だったのですが、近年はどうも減ってきているようです。
春先に薄い紫の花を咲かせて、秋の今頃の季節に結構大きなバナナのような形の実を付けます。名前の由来にもなっているのですが、この実が熟すと縦に割れて中の白いバナナの実のような果肉を覗かせる様子から「開け実」・・・アケビとなったようです(笑)。


なぜ、アケビのお花畑のことを書こうと思ったかというと、近所の城の鼻公園(隈庄城跡)というところで春先に可愛らしい花を見つけたところから始まります。その花が、この秋になって大きな実をつけているところを見つけたからです。この木の上の方に生っていた、アケビの実を取って帰り食べてみたら、とても上品な甘さで虜になってしまいました。果肉を食べたのですが、柔らかい食感で、ほのかな甘さが自然の味わいでとても美味しかったです。種がすごく多いのが、難点ですけど(笑)。

アケビの花

 アケビは雌雄同株で、つる性植物のスイカズラなどと同じです。春先に新芽と一緒に紫色の房状の雄花を付け、その根元に大きい雌花をつけます。

 アケビの花の写真ですが、どうもわかりずらいので、もっと分かりやすく見ていただきたいと思います。

 上の写真を見ていただくと分かりやすいと思います。大きな雌花とその周りに小さな雄花が咲いています。雌花の中央にバナナのような雌しべがついていて、雄花の中央には丸い房状の雄しべがついています。雌花の先端部の柱頭に甘いネバついた液体がついています。ここに花粉がついて受粉します。この後、秋になるとしっかり熟して果実が裂けて開いた状態の、アケビの実が生ります。山からの、大変美味しい贈り物です(笑)。

実りの秋に、薄紫色のたっぷりした大きさのアケビの実が生りました。今年、運良く収穫出来ました。

アケビの種類

 さて、アケビの種類ってどんなのが、あるのでしょうか。調べてみると、5種類あるようです。
アケビ・・小葉が5枚あるもの。
ミツバアケビ・・小葉が3枚のもの。
ゴヨウアケビ・・アケビとミツバアケビの雑種で、小葉が5枚のものです。
ムベ(トキワアケビ)・・関東以西に自生していて、完熟しても実が割れないものです。実も少し小さめです。
シロアケビ・・園芸用です。
以上の5種類があるみたいです。
私は、この辺りを詳しく説明できる写真とか持っていません。とても分かり易いサイトが有りますので、ご希望の方はこちらをご覧下さい。
田舎センセイ ムーのサイトです。
チューメイくんの田舎ぐらしのサイトです。

アケビを食べてみます!!


 アケビのことが分かったところで、いよいよ食べてみることにしました!!

 割れた実の中に、柔らかい果肉が入っています。ここの部分を食べることにします。
食感はトロッと溶けるように柔らかい果肉です。甘い味がします。その甘さは、ガツンと来るような甘さではなく、上品な自然の恵みの甘さという感じです。酸っぱさや苦みなどは全くなく、凄く食べやすい味です。なんか、ホッとするのはどうしてでしょうか(笑)。

しかしながら、とても残念なところが一つあります。それは、種の多さです。スイカを食べるときの種の数には比べようもない程、たくさんの種が入っています。種を噛まないように、食べるのはひと苦労です。でも、それ以上に、この山の幸の美味しさは忘れられない味です。
まだ実が割れていないものを、先に食べてみたのですが、完全に熟して自然に真ん中から裂けて割れた実の方が、数段柔らかくて甘みも増して、美味しかったように思えます。
私は、実の中の果肉だけを食べましたが、外側の果皮のある白い部分も食べれるようです。興味のある方は、macaroniさんのサイトをご覧ください

アケビの仲間のムベの通販がありました。

アケビのかごは絶品

 
 実を食べても絶品のアケビですが、アケビのつるで作るかごは最高だそうです。アケビのつるはとても丈夫で、長く使い続けると手の脂が馴染んで何ともいえない艶が出てきて、自慢できる逸品になるそうです。
アケビは花も綺麗で、美味しくて道具としても使える山の幸ですね(笑)


いかがだったでしょうか、アケビが山の贈り物だということが分かっていただけたと思います。

実りの秋に山野で手軽に採れるムカゴがあります。ムカゴの私の投稿がありますので、こちらもご覧ください!!

秋も深まってくると美味しくなる山の幸 「ムカゴ」を採りに行こう!
ムカゴって知ってる?山で採れる美味しいものだよ!!どんなの?食べてみたい!!ムカゴってなに?  ムカゴ(零余子、珠芽)をご存じの方は少ないかもしれませんが、秋も深まって木々の葉っぱが色付いて...


 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

何か、ご質問や、ご指摘とかございましたら、ご一報くださいませ。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました